清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
HOME >  診療所案内  > 院長紹介

院長紹介

  • 清水歯科医院顎咬合研究所 院長 清水 敦

    1957年       埼玉県寄居町生まれ
    1982年 3月    城西歯科大学卒(現 明海大学歯学部)
    1982年 4月    同歯科補綴学第1講座(有床義歯学)入局
    1984年 12月    清水歯科医院顎咬合研究所 開院
    1985年 3月    城西歯科大学退職
    2001年 4月より BBO研究会講師
    2009年       「FGマルチルーラー」開発、製品化
                『清流塾』セミナースタート

    日本顎咬合学会咬み合わせ認定医 / フェイシャルオーソトロピクス登録医

    大学卒業後、医局員時代より小嶋壽先生のスタディークラブにて、ナソロジーを始めとした多くを学びました。歯科矯正は中島榮一郎先生のMOSセミナーを受講しましたが、1994年にJ.MewのFACIAL ORTHOTROPICSを学んでからは、現在この考えに基づいた矯正を行っております。
    東洋医学及び整体、心理療法、カウンセリング等、全身については多くの師に学びました。

    『清流塾』は当院の提唱する「BBFG」とFacial Orthotropicsを学びたいという希望があり、2009年から始まりました。
    受講の先生方からの質問も活発で、講義時間がいつも足りなくなってしまうという研修会です。

  • 所属学会

    日本補綴歯科学会、日本顎咬合学会、
    日本小児歯科学会、日本矯正歯科学会、
    日本睡眠学会、日本睡眠歯科学会、
    日本口腔筋機能療法学会、各会員

    BBO研究会(講師・理事)
    Facial Orthtropics研究会(理事)
    赤ちゃん歯科ネットワーク、各会員

  • 表彰等

    2010年11月3日 埼玉県歯科医師会会長表彰             (歯科保健功労)
    2015年11月1日 埼玉県知事表彰
                (歯科保健功労)

  • 趣味

    写真撮影、アマチュア無線、バイク、サイドカー

  • 研究歴・発表・業績

    1) 「咬合の育成1」,埼歯だより No.458 59-69:Aug. 1995
    2) 「咬合の育成2」,埼歯だより No.461 49-53:Nov. 1995
    3) 「顎口腔領域に症状を伴ったむち打ち症の一例」,第3回日本国際歯科大会:Oct. 1997,クインテッセンス出版
    4) 「むち打ち症の歯科的アプローチ」,第5回BBO研究会学術大会:Nov. 1998
      ~ 大会地、長野地方紙に発表記事掲載される。     (以後、BBO研究会大会発表は省略)
    5) 「姿勢と咬合位 第1報 」,日本補綴歯科学会:
    6) 「バイオブロック・セラピー -自然成長誘導法-」(共訳),学建書院:2001
    7) 「小児の咬合誘導」,BBO研究会小冊子(共著):Sep. 2001
    8) 「7th Facial Orthotropics International Symposium」,東京:Oct. 2001 (事務局会計担当)
    9) 「姿勢と咬合位 第2報 成長誘導からみる立位姿勢」,第20回日本顎咬合学会学術大会:Apr. 2002
    10) H. Ueda, T. Yamada, et al; "Collection of the Maxillary Occlusal Plane Relieves Persistent Headache and Shoulder Stiffness", Tohoku J. Exp. Med. : 2005, 205,319-325
    11)「噛み合わせが関与した不眠症症例」,日本睡眠学会第30回定期学術集会:Jun. 2005
    12)「健常高齢者の咬合平面に関する検討」,
    13)「BBFGコンセプト」,
      12)13)共 平成17年度埼玉県歯科医学大会:Feb. 2006
         埼歯だより No.523 30-31, 56-57:Spring 2006
    14)「成長に配慮したV状歯列改善のための床装置」,第44回日本小児歯科学会大会:May.2006
    15)「成長に配慮したV状歯列改善のための床装置(ANIMATO装置)」,
    16)「BBFGコンセプト ~Bio-Balanced Facial Growth~」,
    17)「姿勢規格写真のすすめ」,
      15)16)17)共 第24回日本顎咬合学会学術大会:Jun.2006
    18)「Biobloc装置による治療からアニマートの開発へ」,第2回インターナショナル矯正歯科学会:2006
    19)「Bio-Balanced Facial Growth(Part1)」,盛徳第5号,大里郡市歯科医師会:Jul.2006
    20)「Bio-Balanced Facial Growth(part2)」,盛徳第6号,大里郡市歯科医師会:Jun.2007
    21)「小児のいびき症,日中傾眠へのアプローチ」,日本睡眠歯科学会第6回学術大会:Jul.2007
    22)「11th Facial Orthotropics International Symposium」,東京:Nov.2007 (事務局会計担当)
    23)「成長誘導法による小児のいびき症,日中傾眠への対応検討」,日本睡眠学会第33回学術集会:Jun.2008
    24) 「顎矯正で気道確保,OSASの治療に矯正を」,第4回インターナショナル矯正学会:Sep.2008
    25) 「"FGマルチルーラー"の開発とその使い方」,第27回日本顎咬合学会学術大会:Jun.2009
    26) 「小臼歯4本の先天欠如児の顎顔面育成」,第5回インターナショナル矯正学会:Nov. 2009
    27) 「私の道具箱:FGマルチルーラー」,the Quintessence Vol.29 No.3 2010
    28) 「重度Adenoid症例に学ぶ気道と顔貌の改善」,第7回インターナショナル矯正学会:Feb.2012
    29) 「小児OSAS患者の発育誘導治療に向けて 第一報 前方牽引装置の開発」, 第11回日本睡眠歯科学会学術集会:Nov.2012
    30) 「舌側矯正後にウツ症状の発症を見た症例~側方頭部X線規格写真の分析~」,第31回日本顎咬合学会学術大会:Jun. 2013

ページの先頭に戻る