清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
  • 健全なお口とカラダを今

    世間は健康ブーム。というより、『健康』という言葉が一人歩きしてしまって、その本当のところがないがしろにされているきらいがあります。
    それは歯科とても同じ事。古来より身土不二、医食同源といわれ、健康の源としての食物(食品ではない)があり、
    それを摂取する入り口としてのお口があります。お口は健康なカラダの始まり。・・・・・のはずなのに。

あなたなら、どうしますか?
清水歯科医院は専門診療を中心に小児歯科、歯科一般にとどまらず、人としての本来の有り様を探求する人(元気でいたいと努力される方)を応援しています。
特に子どもさんのいびきやベコベコする胸、胸郭陥没など呼吸関連症状とお口との関わりに着目して、より良く成長できるようお手伝いしております。
【診療科目】矯正歯科小児歯科、歯科  【専門診療】自然成長誘導法口腔筋機能療法BBO療法、イビキ相談と歯科的治療
   また、健康相談や健康体操の指導、食事栄養指導等行っています。

さらには、身体を支える二本の足、この足元からのサポートを重視し、サポートソックスやシューズを取り扱っています。また、巻き爪のケアなども行います。

診療カレンダー

2017年11月
2017年12月
診療時間 / 午前9:00~12:30 午後2:00~6:00
        (時間外応相談)
休診日 / 日曜日・木曜日
祝日(遠方から来られる方のため、診療を始めました)
(研修)研修会・研究会 (前:休)午前休診 (後:休)午後休診
セミナー/当院主催の研修会 開催中

What's New

2017.11.22
当院の診療の基礎の一つOrthotropics、その講演会が開かれます。
昨年お呼びできなかったJohn Mew先生ですが、今年は12月10日に東京八重洲にて開催されます。
既に予約で会場は一杯になりそうな状態とか! 今年は清水が司会を務めます。
翌11日はオーソトロピクスデイ開催です。ご参加の先生方、お待ちしてまーす。

清流塾につきましては当清水歯科医院顎咬合研究所のフェイスブックページにてご案内しております。そちらも合わせましてご覧下さいますようお願い致します。
2017.09.27
身体の不調を抱えて悩んでいらっしゃる大人の方も当院には来院されております。
大人の患者さんは、今までの生活の積み重ねや前の治療のやり直しの問題もあって、解決にかなりの期間を要することが多々あります。

中には医科的な病を抱えて苦しんでいらっしゃる方もいます。
「こんなになるまで何やってたのだろうか? なんでもっと早くに...........」なんて考えてしまいます。
そんな時にはとても苦しく、悲しい気持ちになります。

昨今、歯と全身との関連性が盛んに言われるようになってきました。しかしながら、この問題は循環系の問題と構造系の問題とが重なり合っていて、複雑に入り組んでいます。
不定愁訴の改善を謳うホームページも増えてきていますが、その本質をどこまで理解しているのでしょうか?
目先の改善のその先を目指してほしいものです。
噛み合わせと不定愁訴の改善という、この大きなテーマが一般的な治療となるには、もっともっと汗をかかねばいけないのでしょうね。
2017.08.04
8月です。11日山の日は診療致します。その後12日から17日までお休みを頂きます。
ご理解のほどお願いいたします。
また、泊まり込みの研修予定が入っておりますので、休診日にご注意下さい。

-------

当院はソムノメッド社の認定クリニックとなっております。
いびき症や睡眠時無呼吸症でお困りの方に、従来型の上下一体装置とともに、上下分離で調節できる『ソムノデントMAS』も提供しております。
SAS在宅簡易検査も受け付けております。必要に応じて精密検査(PSG検査)の紹介もしております。
いびき症や睡眠時無呼吸症を心配される方は、ご自身やご家族の安心のために一度ご相談下さい。
2017.06.03 
6月1日と8日の2日間は休診ですが、清流塾の補講を行っております。
18日日曜は、名古屋にて5月に引き続き講演を行います。

7月は学会の日程の都合で、1日の土曜をお休みし、代わりに2日日曜は診療致します。
また、18-19日に研修があるため、17日海の日も診療日と致します。
2017.04.11
大型連休が近づいてきました。
今年も研修参加のため、連休の予定が変則的となります。
29,30日は研修のため休診。4,5,6日にお休みを頂き、3日(祝)と7日(日)に診療致します。
これに合わせて10日(水)に休診日が移動しますので、ご了承下さい。

4.25 追加です。
5月10日お休みが勉強会に変わり、出かける事となりました。ご注意下さい。

7つの生活習慣改善で

7つの生活習慣改善で脳卒中リスク低減

生活習慣の改善が大切なことは皆さんご承知とは思いますが、何をどこまで実践できているかというと……

 生活習慣を変えれば、脳卒中のリスクが大幅に低減する――こんな研究結果が米バーモント大学(バーリントン)内科教授のMary Cushman氏らによって報告され、「Stroke」6月6日号に掲載された。

 Cushman氏らは、45歳以上の米国の黒人と白人2万3,000人近くを対象に、米国心臓協会(AHA)が提唱する簡単な7つの方法(Life's Simple 7:運動する、コレステロール・血圧・血糖値を管理する、健康的な食事をする、健康的な体重を維持する、禁煙する)を用いて脳卒中のリスクを評価した。

 5年間の追跡調査期間中、432例に脳卒中が発症した。脳卒中のリスク予測では7つの因子すべてが重要な役割を果たしていたが、血圧が最も重要で、血圧管理が不良の被験者に比べて理想的な被験者では将来の脳卒中リスクが60%低かった。また、喫煙癖がないか、研究開始の1年以上前に禁煙した被験者ではリスクが40%低かった。

 被験者のLife's Simple 7スコアを不適切(0~4点)、平均(5~9点)、最適(10~14点)に分類した(1点上がるごとに脳卒中リスクは8%低減)ところ、最適群のリスクは不適切群より48%、平均群より27%低かった。全体では黒人のスコアが白人より低かったが、スコアと脳卒中リスクの関連性は黒人と白人で同様だった。Cushman氏は、「黒人の脳卒中による死亡率は白人のほぼ2倍なので、この研究はこれらの因子の改善が重要であることを強調している」という。

[2013年6月6日/HealthDayNews]