清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
  • 健全なお口とカラダを今

    世間は健康ブーム。というより、『健康』という言葉が一人歩きしてしまって、その本当のところがないがしろにされているきらいがあります。
    それは歯科とても同じ事。古来より身土不二、医食同源といわれ、健康の源としての食物(食品ではない)があり、
    それを摂取する入り口としてのお口があります。お口は健康なカラダの始まり。・・・・・のはずなのに。

あなたなら、どうしますか?
清水歯科医院は専門診療を中心に小児歯科、歯科一般にとどまらず、人としての本来の有り様を探求する人(元気でいたいと努力される方)を応援しています。
特に子どもさんのいびきやベコベコする胸、胸郭陥没など呼吸関連症状とお口との関わりに着目して、より良く成長できるようお手伝いしております。
【診療科目】矯正歯科小児歯科、歯科  【専門診療】自然成長誘導法口腔筋機能療法BBO療法、イビキ相談と歯科的治療
   また、健康相談や健康体操の指導、食事栄養指導等行っています。

さらには、身体を支える二本の足、この足元からのサポートを重視し、サポートソックスやシューズを取り扱っています。また、巻き爪のケアなども行います。

診療カレンダー

2018年10月
2018年11月
診療時間 / 午前9:00~12:30 午後2:00~6:00
        (時間外応相談)
休診日 / 日曜日・木曜日
祝日(遠方から来られる方のため、診療します)
(研修)研修会・研究会 (前:休)午前休診 (後:休)午後休診
セミナー/出張講師・当院主催の研修会 開催中

What's New

2018.10.02. ; 10.03 訂正
清水歯科医院顎咬合研究所主催の清流塾。第9期が始まったばかりではありますが、問合せもありましたので、来年第10期の開催を決定いたしました。

来期は受講しやすいように、木曜と日曜コースを設けて振り替えできるよう考えました。

2019年2月開講。Facebookページでも順次ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせ下さい。
2018.09.03
清水歯科医院顎咬合研究所は院内の修繕工事のため、来る10月4-5日臨時休診致します。


第9期の清流塾がいよいよ始まります。9月23-24日スタート!
           受講の先生方、お待ちしております。
2018.09.30 追補
第9期の清流塾、無事スタートしました。受講の先生方最後までともに学んでいきましょう!
2018.07.31
急遽開催が決まりました今季第九期の清流塾。既に定員一杯で締め切りましたが、その後も問い合わせが相次いでおります。
BIOBLOC治療が注目されてるわけですが、その背景には最近広がりだしたトレイナー、マウスピース矯正があります。トレイナー、マウスピース矯正が流行るほど、BIOBLOC治療の価値が際立ちます。
まだ九期も始まってないのですが、先生方のお役に立てるようその次を考えていくように致します。
2018.07.02
7月5日は長野県飯田市内にて足の健康ミニ相談会に行きます。

電磁波の影響が疑われるケースが散見されるようになり、対策の勉強を始めました。
研修会に参加のため、13~14日はお休み致します。ご了承下さい。
-------
当院はソムノメッド社の認定クリニックとなっております。
いびき症や睡眠時無呼吸症でお困りの方に、従来型の上下一体装置とともに、上下分離で調節できる『ソムノデントMAS』も提供しております。
SAS在宅簡易検査も受け付けております。必要に応じて精密検査(PSG検査)の紹介もしております。
いびき症や睡眠時無呼吸症を心配される方は、ご自身やご家族の安心のために一度ご相談下さい。
2018.07.01
来たる7月22日にオーソトロピクス研究会の例会が開催されます。
今回は清水が司会を担当し、バイオブロックStage3装置の調整デモも行います。
未加入の先生方も参加出来ますので、オーソトロピクス研究会のHPをご覧下さい。
当院にお問い合わせ頂くことも出来ます。お待ちしております。

清流塾につきましては当清水歯科医院顎咬合研究所のフェイスブックページにてご案内しております。そちらも合わせましてご覧下さいますようお願い致します。
2018.04.04   追加しました(06.30)
今年は清流塾の再構成をしようとセミナー予定を組まなかったのですが、他のバイオブロック療法セミナーが休止や取りやめとなっていて、開催の問い合わせが当院に来る事態となっております。
バイオブロック療法を臨床で、長くかつ積極的に応用している立場としまして、学びの場がないことは大変心苦しいことです。
当院開催の歯科セミナーはフェイスブックで案内等行っております。
清流塾につきましても、今年後半からの開催で日程調整をしておりますので、今しばらくお待ち下さい。
また、参加をご検討中の方はこのHPのお問い合わせフォームからお名前、勤務先名、連絡先等お知らせ下さい。詳細が決まり次第ご案内いたします。
            == お陰様にて締め切りました ==
4・5・6月は連休や学会の日程の都合で、診療日の変更があります。
カレンダーのご確認を、また詳しくはお問い合わせ下さい。

抗がん剤の闇

抗ガン剤でガンは治せない ......2009年の記事から

1985年、アメリカ国立ガン研究所(NCI)のデヴィタ所長は『分子生物学的に見ても抗ガン剤でガンは治せない』とアメリカ議会で証言した。
農薬を使うと農薬の効かない新種の害虫が発生するのと同じで、ガン細胞は自らのADG(アンチ・ドラッグ・ジーン:抗ガン剤は無力)の働きで、抗ガン剤の効き目を打ち消してしまうのがわかった、と所長は言ったのである。 抗ガン剤の正体は増ガン剤と言うことになる。
1988年のNCIリポートが数千ページに及ぶ「ガンの病因学」で『抗ガン剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤』と断定している。NCI(アメリカ国立ガン研究所)は、全米トップのガン研究機関。そこの所長が「抗ガン剤は無力」と議会証言し、NCI自体が「増ガン剤に過ぎない」と公式リポートで断定している。

NCIリポートの「ガン病因学」の内容
15万人の抗ガン剤の治療を受けた患者を調べたところ、肺ガン、乳ガン、卵巣ガン、ホジキン病などで抗ガン剤の治療を受けると膀胱ガンが増え、白血病の場合は肺ガンが増え、卵巣ガンなどでは大腸ガンが増えていました。
つまり、抗ガン剤は腫瘍だけでなく正常細胞にも作用するため、二次的なガンを発生させてしまうのである。
なぜ、マスコミはこの事実を報道しないのか。ガン学会は治療方針の大転換をしないのか。政府はガン治療の根底を見直さず、厚労省の広報宣伝で、早期発見・早期治療をタレントを使ってPRしているが、それはほんの一部の助かったタレントが、踊らされているとしか思えない状態である。抗ガン剤や放射線治療の裏には、述べ数十兆にものぼる抗ガン剤利権が、すべての口を封じている。
医師や医療機関、製薬メーカーが儲かるシステム 薬の長期使用、医者にかかると病名が増え続け、薬の量がだんだん増えてくる。病気が治るどころか、悪くなり、自分で治ろうとする力を失ってしまう。 高血圧も学会が最高血圧値を下げ、薬の投与を促し、莫大な利益が医者やメーカに配分されている。患者なんかどうでもいいのが現状だ。儲かればいい、それもたいしたことではないからと思っているからだろう。 NCIはすでに50年前に抗ガン剤は増ガン剤で全く効果がない、免疫力で治す方法しかないと、この報告を世界発信しましたが、これに気がついた医学関係者、アメリカ国民は抗ガン剤は無力と行動で訴えましたが、これに反対する製薬業界、医師、医療関係者、国家権力によって善良な国民は数々上手に消された、つまり暗殺されたのです。 暗黒の医療が続いたのですが、1985年アメリカ国立ガン研究所所長が上院公聴会で 抗ガン剤は全く効果がなく、無力と証言!これによって医学会は方向大転換をした。 代替医療を取り入れてからは、ガンの死亡率は低下していった。 旧厚生省はNCI証言を知っているにも関わらず、公表しておりません。つまり、 政・産・医の悪のトライアングルの利権、癒着があるのは言うまでもありません。 当然、日本のガン死亡率は増加するいっぽうです。 厚生労働省 長妻 昭大臣はこの事実を公表すべきではなかろうか。このままだと、 日本は医療費で財政破綻、崩壊していくのは、周知の事実です。 一部、インターネットを参照