清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
  • 健全なお口とカラダを今

    世間は健康ブーム。というより、『健康』という言葉が一人歩きしてしまって、その本当のところがないがしろにされているきらいがあります。
    それは歯科とても同じ事。古来より身土不二、医食同源といわれ、健康の源としての食物(食品ではない)があり、
    それを摂取する入り口としてのお口があります。お口は健康なカラダの始まり。・・・・・のはずなのに。

あなたなら、どうしますか?
清水歯科医院は専門診療を中心に小児歯科、歯科一般にとどまらず、人としての本来の有り様を探求する人(元気でいたいと努力される方)を応援しています。
特に子どもさんのいびきやベコベコする胸、胸郭陥没など呼吸関連症状とお口との関わりに着目して、より良く成長できるようお手伝いしております。
【診療科目】矯正歯科小児歯科、歯科  【専門診療】自然成長誘導法口腔筋機能療法BBO療法、イビキ相談と歯科的治療
   また、健康相談や健康体操の指導、食事栄養指導等行っています。

さらには、身体を支える二本の足、この足元からのサポートを重視し、サポートソックスやシューズを取り扱っています。また、巻き爪のケアなども行います。

診療カレンダー

2018年12月
2019年1月
診療時間 / 午前9:00~12:30 午後2:00~6:00
        (時間外応相談)
休診日 / 日曜日・木曜日
祝日(遠方から来られる方のため、診療します)
(研修)研修会・研究会 (前:休)午前休診 (後:休)午後休診
セミナー/出張講師・当院主催の研修会 開催中

What's New

2018.12.14 
来年予定の清流塾コースですが、昨日の段階で木曜コース受講4名に受付中1名、日曜コースは受講3名が確定しております。
来期は久しぶりの木曜コースということもあって、順調に申込みを頂いております。ありがとうございます。
状況に依りますが、木曜コースは年内あるいは年明け早々には締切になるかと思います。日曜コースも募集定員残り3名となります。引き続き募集しております。
当院開催の歯科セミナーはフェイスブックで案内等行っております。

参加をご検討中の方はこのHPのお問い合わせフォームからお名前、勤務先名、連絡先等お知らせ下さい。メール・FAXにてご案内いたします。

冬の寒さが増してきました。皆様ご自愛下さい。
2018.10.02. ; 10.03 訂正
清水歯科医院顎咬合研究所主催の清流塾。第9期が始まったばかりではありますが、問合せもありましたので、来年第10期の開催を決定いたしました。

来期は受講しやすいように、木曜と日曜コースを設けて振り替えできるよう考えました。

2019年2月開講。Facebookページでも順次ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせ下さい。
2018.09.03
清水歯科医院顎咬合研究所は院内の修繕工事のため、来る10月4-5日臨時休診致します。


第9期の清流塾がいよいよ始まります。9月23-24日スタート!
           受講の先生方、お待ちしております。
2018.09.30 追補
第9期の清流塾、無事スタートしました。受講の先生方最後までともに学んでいきましょう!
2018.07.31
急遽開催が決まりました今季第九期の清流塾。既に定員一杯で締め切りましたが、その後も問い合わせが相次いでおります。
BIOBLOC治療が注目されてるわけですが、その背景には最近広がりだしたトレイナー、マウスピース矯正があります。トレイナー、マウスピース矯正が流行るほど、BIOBLOC治療の価値が際立ちます。
まだ九期も始まってないのですが、先生方のお役に立てるようその次を考えていくように致します。
2018.07.02
7月5日は長野県飯田市内にて足の健康ミニ相談会に行きます。

電磁波の影響が疑われるケースが散見されるようになり、対策の勉強を始めました。
研修会に参加のため、13~14日はお休み致します。ご了承下さい。
-------
当院はソムノメッド社の認定クリニックとなっております。
いびき症や睡眠時無呼吸症でお困りの方に、従来型の上下一体装置とともに、上下分離で調節できる『ソムノデントMAS』も提供しております。
SAS在宅簡易検査も受け付けております。必要に応じて精密検査(PSG検査)の紹介もしております。
いびき症や睡眠時無呼吸症を心配される方は、ご自身やご家族の安心のために一度ご相談下さい。
2018.07.01
来たる7月22日にオーソトロピクス研究会の例会が開催されます。
今回は清水が司会を担当し、バイオブロックStage3装置の調整デモも行います。
未加入の先生方も参加出来ますので、オーソトロピクス研究会のHPをご覧下さい。
当院にお問い合わせ頂くことも出来ます。お待ちしております。

清流塾につきましては当清水歯科医院顎咬合研究所のフェイスブックページにてご案内しております。そちらも合わせましてご覧下さいますようお願い致します。

日本を売り渡すTPP交渉参加の撤回を

日本を売り渡すTPP交渉参加の撤回を
共産党が見解を発表  志位委員長が会見

日本共産党の志位和夫委員長は5月9日に国会内で記者会見し、「TPP(環太平洋連携協定)交渉への参加は日本をアメリカに丸ごと売り渡すことになる――安倍内閣に交渉参加の撤回を強く求めます」と題した見解を発表しました。

 志位氏は、安倍内閣が交渉参加に暴走する一連の過程のなかで明りょうになった二つの点―(1)TPPがすべての関税・非関税障壁の撤廃という世界でも類例のない危険な枠組みになっている(2)米国のいうままに譲歩を重ね日本を丸ごと売り渡すという安倍内閣の「亡国」的姿勢―を指摘。「暴走を阻止し、交渉参加の撤回を強く求めてたたかいたい」と表明しました。

 このなかで、対米事前協議「合意」で明らかになったこととして、(1)重要農産物で「聖域」確保の可能性がほとんどない(2)交渉参加の条件とされた「入場料」(牛肉、自動車、保険の米側要求)をまるのみした(3)非関税措置の日米2国間交渉をTPP交渉とセットでまとめる―三つの問題点に言及しました。「身ぐるみをはがされる屈辱的交渉となります。『守るものを守る』『交渉をリードする』ことはありえない」と述べました。

 さらに、“アジアの活力を取り込む”といいながら主要国の多くが参加せず、アメリカの戦略に取り込まれるだけだと強調。経済主権が侵害されるISD条項(企業と国家の紛争処理条項)の導入が強く迫られていることや、交渉内容は国民・国会議員にも秘匿されることなども示して、“多国籍企業に都合のいいアメリカ主導のルールづくり”であって、国益を守るというならTPPから撤退する以外にないことを浮き彫りにしました。

 志位氏は「全国で自民党の公約違反に対する怒りが吹き荒れる状況が起こっています。今度の参院選で怒りの審判を下す必要があり、わが党は交渉参加撤回を強く求めていきたい」と表明しました。

 そのうえで志位氏は日本の大企業・財界のあり方について言及し、「内需を犠牲にして、もっぱら外需で稼ぎ、生産拠点を海外に移し、多国籍企業化する状況がすすみ、いまや経団連など財界は日本経済に責任を負わなくなっています。TPPが最たるものです」と指摘しました。

 財界・大企業が日本経済への責任を放棄する一方、政府に補助金や減税をたかるという「腐朽(ふきゅう)の状況」が生まれていると厳しく指摘。「そうしたものにつき従う政治でいいのでしょうか。日本共産党は、あらゆる問題で日本国民に責任を負う確固たる対案を対置して頑張りたい」と表明しました。