清水歯科医院

完全自由診療の歯科医院です。保険治療は行っておりません。

噛み合わせ 矯正歯科 かみ合わせ 咬合 顎関節 専門医 埼玉県 大里郡 清水歯科医院
HOME >  治療概要  > 症例

症例

  • 症例 A

    【保護者様からいただいたコメントを紹介いたします】
    以前より股関節の痛みや、左耳の雑音・痛みが時より起こり、整骨院や耳鼻科へ5歳頃から通院していました。
    頭を痛がることもあり、検査をしたこともありました。が、何処へ行ってもこれと言って何が悪いというものはなく痛みが出るたびに受診する・・の繰り返しでした。 そんな中で、就学前の健康診断で噛み合わせをチェックされた事が、矯正治療を行うきっかけとなりました。

    診察の中で、左の噛み合わせに大きなずれが生じていること、軟骨がこすれている可能性がある事などの説明を受けたとき、以前から気にしている耳の痛みを相談しました。矯正治療によって改善の可能性があることを知り、治療をお願いすることにしました。

    そして、その結果はあまりにもあっけなく、驚くほどすぐに出ました。
    治療を始めて2週間足らずで、あっという間に歯間が広がり、それとともに左耳の雑音と痛みがなくなりました。
     「耳の奥にごみが詰まっている。ガサガサ音がする」といつも言っていた息子も、「ママ、ごみが取れたよ!」と耳の圧迫と違知感がなくなったことに喜びました。
    私も2週間で治った??と正直びっくりしました。
    耳鼻科への通院はなんだったんだろう・・・と、うれしい反面、このまま痛みの原因がわからず薬を飲み続けていたら・・と怖くなってしまいました。
    矯正治療を受けて一年半が経ちますが、今では他院への通院は一切なくなりました。痛がっていた股関節も頭の痛みも気づけばなくなっていた様で「もう大丈夫!」と返事が返りました。
    幸い、早い段階で噛み合わせの不具合が発見できたので、成長期に体の歪みを改善できたこと。また、専門医の清水先生にすぐに出会えた事が早期の治療を可能にしたので、息子は本当にラッキーだったと心から思っています。

    実際の矯正治療は長期の地道な治療です。子供も親も根気が必要です。何より治療を受ける本人が大変になると思います。しかし息子は矯正し体が楽になっていくことを実感し治療することを楽しみにするようになりました。
    息子自身、治療が終了する頃には大きな達成感と頑張った事への自信がつくと思います。親は見守ることしかできませんが、頑張る息子を支えることで親子の関わりを見直す時間ができたようにも思います。これからの息子の成長を楽しみに、清水先生との出会いにも感謝するとともに、体に不具合を抱えるより多くのお子さんが矯正治療で改善できるチャンスがあることを知っていただきたいと思います。        2011年11月

    写真はクリックで拡大してご覧下さい。

    ※保護者様の承諾の元、掲載しています。

  • 症例 B

    【治療前】
    お母さんが姿勢の悪さを心配されて、顎矯正の治療をすることになりました。

    【術後経過観察中】
    アゴの位置が改善されるとともに、猫背も解消、すっきりとした姿勢に改善しました。

    写真はクリックで拡大してご覧下さい。

    ※保護者様の承諾の元、掲載しています。

  • 症例 C

    【治療前】
    数年前、舌側矯正を受けられたのですが、その終わり頃から体調が悪くなり、カラダはがたがたに。N市民病院からの紹介で、顎矯正治療を受けることになりました。術前検査の時には希望が持てたのか、表情が落ち着いてきています。

    【術後経過観察中】
    BBOの理念を取り入れたBBFGの顎矯正治療で健康と明るさを取り戻しました。お口の中も広くなり、ゆったりしています。最終的な奥歯のかみ合わせ治療に向けて、経過観察中です。

    写真はクリックで拡大してご覧下さい。

    ※ご本人の承諾の元、掲載しています。

  • 症例 C-2

    【治療経過のコメントをいただきましたので紹介いたします】
      裏側矯正の感想
    始めの矯正は、裏側に器具をつける矯正でした。裏側の治療中は、毎日が我慢の連続で、まるで修行のようでした。もともと、顎が狭く、熱いものや辛い物、炭酸飲料が苦手だったからかもしれませんが、舌への刺激は想像を超えていました。だんだん食事やおしゃべり、仕事の電話も辛いものになっていきました。
    私は、この治療で前歯はきっちり並びました。きっちりしすぎなのか誰にも歯並びを褒められませんでした。それに奥歯は噛めなくなり、舌痛症になり、顔もげっそりしてしまいました。体調不良になりました。その時の歯医者さんは、歯はきれいに並んでいる問題ないOK、ということでした。
    いいことばかり宣伝して、誰でも気軽に治療を受けられるようなイメージですが、心身ともに負担は大きいと思います。良いことだけを説明して、すぐに取りかかるような歯医者さんは、認定医や指導医、専門医とて注意が必要です。

      清水医院での治療前後で変化したこと
    ■バイオブロック装置を入れてすぐに、下顎が安定し、頭や顎や首のあたりの緊張がスーとぬけ、なんだかほっとするような感覚と頭全体が締まっていく感覚があった。その日の夜、今まで食べられなかったもの、イカや野菜、トマトの皮も食べ咬みつぶせた。食べられることが嬉しくて興奮しながら食事を摂った。また、夜寝る時に、下顎どうしようと悩むことなく眠りにつけた。
    ■翌日朝、昨日までのだるさがすっかりなくなっていて、スッと起きて、台所で普通に食事の準備をしている自分に驚いた。(一度布団に戻って横になってみたりしたけどやっぱり具合悪くなかった)それ以来、朝起きられない、辛いといったことがなく、日中も、頭や首の痛みや体のだるさはほとんど消えてしまった。横になりたいと思うことがなかった。たった一晩で、嘘のように体が楽になった。
    ■家族と顔を合わせるのを避け、この人達、私のこと全然わかってくれないと恨んでいたが、それは違うと思うようになり、家族と仲良くしたい、友達にも会いたいと思うようになり、家族と一緒に食事をするようになった。(会話はないが)友達の結婚式にも出席してしまった。歪んだ性格も治りはじめた。
    ■10月の終わりには、オフトレまったく無しで初すべりに行く。頭痛まったくなく調子よく滑れた。治す前のような疲れは全くない。ゴーグルの跡が2.3時間後には薄く消えて行った。半年前、ゴールデンウィークの辛いスキーは何だったのかと不思議に思うほどで、運動しても体が疲れない。
    ■お笑い番組を見て、笑うようになった。でもそんな自分にときどき違和感があった。
    ■バイオブロック装置を入れて2週間後から、毎晩熱が出るようになった。朝まで熱にうなされ眠れず、朝ぐったりしたが、鏡を見ると、なぜかほっとしたような顔、顔色もよく肌の調子もいい感じに変わっていった。髪の根元が立ち上がり、懐かしい感じの額。老けた感じもどんどん改善している感じだった。
    ■スキーで膝が痛くなることが無かった。冬、太ることもなかった。
    ■夏に寒くて車の暖房を入れることは無かった。体温調節も上手くいくようになっていた。
    ■治療開始から1年後には、前の治療で変化してしまった体調は、すっかり元に戻っていることが確認できた。
    ■家族は、前の治療も含め矯正に反対していたが、賛成してくれたというか矯正治療に協力してくれるようになった。

      舌小帯のオペ(術後から2カ月間で感じたこと)
    ■術後すぐに、なんだか舌の先が薄くなった感覚。舌の先が、自然に上にいく感覚。その後、ポテっとした感じだった舌が少し薄くスリムになった。
    ■舌のトレーニングの時、眉間にしわが寄らなくなった。舌の動きがよくなり、術前に出来なかったトレーニングも出来るようになった。
    ■あかんベーをするとたくさん舌がでるようになった。(びっくりした)
    ■腕、足にへんな脱力感あり。体の中で、何かが流れている感覚あり。足、腕、軽いびりびり感。体は1.2倍ぐらい早く動くような感覚。
    ■歩行中、膝の裏が延びる感じ。股関節が伸びる感じ。結果、足が軽く動く感じ。
    ■体の張り?むくみ?筋肉の硬さ?がなくなっていく感じ。運動をさぼっても体が錆つかない感じ。
    ■体操後、前屈がいつもよりたくさんできるようになった。体が少し柔らかくなった。
    ■スキー中、足の裏全体に体重がかかる感覚あり。体の重心が変わった感じ。
    ■つま先や、かかと重心を意識して滑れる。リフト乗り場やなんでもないところでふいに転ぶことがなくなった。
    ■スキーの後は必ず左ふくらはぎ、アキレス腱が痛くなるのに、痛くならなくてビックリ。
    ■手足があったかい。スキー中もほとんど冷たくない。
    ■筋肉痛にあまりならなくなったし疲れない。運動後の倦怠感、筋肉痛が少なくなった。
    ■寿司が一口で食べられるようになった。食べる量も増えて、定食は残さず食べられるようになっていた。

      プラスαの変化
    ■身長が1センチ伸びた。
    ■子供の時から、冬場足の裏のしもやけに悩まされた。手足が冷たかった。靴下をはかなくても眠れるようになった。冷え症が改善した。
    ■子供の時から睡眠時は、目と口が開いていた。閉じて寝られるようになった。
    ■小学5年のときから左の胸が下がっているのが気になった。左右同じ高さになった。
    ■中学3年のときから、左ふくらはぎがマラソン中に痛くなった。最近、痛くならない。
    ■膝を怪我してから正座が辛かったが、楽にできるようになった。
    ■台所で立っていると、太ももやお尻が締まっている感じ。腰が入った(起きた)感じ。
    ■お座敷で背もたれなくても座れるようになった。
    ■お尻や太ももについていたセルライトが少なくなって、ラインも少しスッキリした。全体的に体の肉が柔らかくなった。(張り、むくみもとれた感じ)
    ■腕からも、汗が出るようになった。体全体から汗が出る感じになった。体の代謝がよくなった。
    ■姿勢が良くなった。良い姿勢を意識して過ごすようになった。
    ■家族と仲良くなり妹とは、昔以上に仲良くなって、喧嘩もしなくなった。
    ■食べ物がおいしい。食べている時、幸せと感じる。
    ■扁桃腺が腫れて熱が出て寝込むことがなくなった。(1年に1度は熱が出ていた)
    ■鼻呼吸が楽になった。
    ■鼻の見え方がかわった。すこしだけ高くなった。
    ■目の大きさが左右で同じになった。
    ■リップシールを感じられるようになった。
    ■久しぶりに登山して昔より楽にのぼれた。(蝶ヶ岳2677M 登り3.5時間)


      現在
    以前の体調不良は、嘘のようにすっかり改善してしまいました。さらに、もともとあった、手足の冷えが改善されたり、左右の胸の位置が同じ高さに改善されました。体のバランスが良くなって、以前よりもずっと体調が良くなってしまいました。そういえば、扁桃腺の熱も出でいないし、鼻呼吸も楽で、鼻がピーピー鳴ることも無くなりました。20代の頃と比べても、今の方がずっと調子がいい感じです。
    顔も、もとの顔に改善して、鏡を見るもの楽しくなり、性格も明るくなりました。

    それから、しばらく不安で高速道路の運転や、登山をやめていましたが、最近、できる、やってみたいという気持ちになってきて、4年ぶりにチャレンジすることができました。とても嬉しかったし自信にもなりました。いろいろとやってみたい、新しいことも始めたいと意欲もわいてくるようになりました。

    前の矯正の時は、私が家族に愚痴ばかりこぼし、一緒に食事を摂らずに心配をかけてしまいました。私の顔がゲソッとなり、怒られてばかりいましたが、今思うと、きっと父親も悲しかったとおもいます。現在は、私がよく笑うようになった、と、父親が喜んでくれています。父親も私の顔をみて笑っています。治療も応援してくれています。妹とはぜんぜん喧嘩をしなくなり以前より仲良くなりました。家の中が明るくなりました。そもそも矯正は反対され、不仲が続いたので元に戻れるのか心配でしたが、良い関係に戻りました。今は家族や周囲に感謝しながら、楽しく生活を送れていて幸せです。パタカラも体操もやっていきます。いろいろ遠回りしましたが、清水先生に会えて本当によかったです。 (2011年10月)

    ※ご本人の承諾の元、掲載しています。

ページの先頭に戻る